わおのアレルギー日記

愛娘が食物アレルギーを持っています。食物アレルギーについてまったく無知なワーキングマザーわおの食物アレルギーとの毎日を綴ります。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機

行きはJ○L。帰りはAN○を利用しました。どちらも子供連れや車椅子の方などは先に飛行機の中に入ることができます。そういえば妊婦の時も先に入れてもらいました。これは結構ありがたい。

飛行機に乗ると、途中でお茶タイムになりますよね。私が乗ったときは、J○Lは飲み物のほかにお菓子をくれました。子供には卵ボーロを用意しているようです。(過去に乗ったお友達も卵ボーロだったと話していたので、大人のお菓子は変わるけど、子供のお菓子はボーロしかないのかも!?詳しいことは知りません。)ボーロを手渡してくれたので、みーたんは食べれないけど・・・と思いながらも、「卵アレルギーがあるんです!」なんていうこともないよな~と思って、ママが食べればいいかと思って手を出したら、手が触れる直前に「お子様は卵アレルギーはありませんか?」だって。手を出す前に言って欲しかった^^;というわけで、丁重にお断りしました。

お菓子とかちょっともらえるとなんかうれしいですよね。でもアレっ子にとって、どうなのかしら?と思っちゃいました。AN○のお菓子は大人も子供もなしのほうが、アレっ子にとってはいいサービスかなと思いました。微々たるものだろうけど、その分お値段を安くするなどしてくれたほうがよっぽどいいのでは!?


サービスといえば、どちらの会社でも子供にはおもちゃを用意しています。何種類かあるんですが、みーたんは迷うことなく速攻選んだので(選んだというより、手前のものに手を出した)、他にどんなおもちゃがあるのか、よくわからなかった~。ちなみにJ○Lでは、男の子用のブロックの車みたいなもの、AN○ではピカチューの手首につけられるバンドのついた小さなぬいぐるみをいただきました。

那覇空港には、子供が遊ぶスペースがお土産売り場の真中にあります。結構広くて楽しい感じです。でも大きな子が走り回っているので、みーたんのような小さな子は遊びづらい感じでした。羽田も那覇も空港内では、大型スーパーで見るような子供を乗せるカートを借りることができます。
スポンサーサイト

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

食事

これが一番問題ですよね・・・
事前に問い合わせした内容については、旅行先、ホテル選びを見てみてくださいね。

■朝食
ホテルの朝食。バイキング形式。宿泊したホテルではメニューにアレルギー表示などないそうで、事前に卵が含まれているメニューを問い合わせしておきました。

和洋食と和食の2種類のバイキング会場がありました。1日目は和洋食へ。みーたんは、ご飯とお味噌汁、お魚、お野菜などをチョイス。パパとママも同じメニューにすればよかったのに、うっかりパンを持ってきちゃっていました。もう理解できる年齢になっていました・・・。パンを見て、「パンが食べたい!」と主張します。卵の入っていないパンは用意されていなかったので、みーたんには我慢してもらって。パパとママはみーたんに背を向けて、急いでパンを口の中へ。

1日目を反省して2、3日目は和食のバイキングへ。みんなで似たようなメニューを仲良く食べました。ご飯、お味噌汁、お魚、煮物、フルーツなどを食べました。でもいろんな人が行き交うざわざわとした場所が気になるようで、食事はあまり進まず・・・。実際のところ、朝食後、部屋に戻ってバナナやパンなど食べることが多かったです。


■ホテル内での食事
夕食時ホテルのレストランで食事をしました。卵アレルギーがあるんですと相談して、メニューを選びました。ホテルの方は結構理解していて、「魚の揚げ物なども粉に卵が入っています」などと細かい部分まで教えてくれました。「卵なしで料理することもできます」とも言ってくれました。(アレっ子ママにとっては当たり前のことだと思うのですが、今まで外食してそういうことまで説明していただいたことなかったので・・・)
なんとなくですけど、ホテルでの食事は楽な感じがしました。調理する方もアレルギーについて理解されている感じがしましたし、融通も利く感じがしました。


■ホテル外での食事
ホテル外だと、お店の人に「卵入っていますか?」と聞いても、卵そのものが入っているかどうかで、加工品などに含まれる卵についてはなかなか知ることができないような気がします。なのでこちらも知識が必要なところですよね。一応聞いてはみましたが、実際に加工品はなるべく避けるようにして食べさせました。
みーたんが食べられるようなメニューがあるかわからないので、事前にお店に電話して確認しました。食堂みたいなところでは、「卵なしで料理することもできます」と言ってくれるお店もあって、心強かったです。


■みーたんが食べたもの
主に、ご飯、お魚をみーたん用に注文し、後はママたちが食べているものからちょっとあげるといった感じにしていました。ちなみにかばんには、自宅から持ってきたふりかけと、レトルト食品をいざという時用に忍ばせておきました。幸い、使うことはなかったですけどね。和食どころや食堂に行けば、ご飯や魚料理はあるので、そういうお店によく行きました。
沖縄料理としては、じゅーしー(炊き込み御飯)、沖縄そば(そばといっても、麺は小麦粉です)、ラフテー(豚の角煮)、卵の入っていないチャンプル(野菜などの炒めたもの)を食べました。チャンプルは大人が食べてちょうどいい硬さの炒め物なので、みーたんには硬かったので、あまり食べず。ラフテーは、ラフテーよりもたいがい一緒に盛られている大根の煮たものを好んで食べていました。じゅーしーや沖縄そばは大好きだったようです。


■おやつ
自宅から普段食べているものを持っていきました。が、やっぱり沖縄に来ているので沖縄っぽいものも食べさせてあげたいな~と探しました。沖縄の定番、ちんすこうには卵は入っていないようです。(数種類のちんすこうを見ただけなんで、すべてのちんすこうに入っていないのかはわかりませんけど。)ファミリーマートで素材にこだわったちんすこうが売っていたので、それを買ってみました。とってもお気に入りでドライブ中にももぐもぐ!でもあれって、ボロボロしちゃうんですよね。車の中はすごいことになりました。レンタカーでよかった・・・
後、サーターアンダーギーも数種類みましたが、どれも卵が入っていました。だよね、あの味で入っていないわけないよねぇ。


■その他
そういえば食べられるものがなければスーパーなどで買い物しようと思って、コープや自然食品のお店、大型のスーパー、卵無しのパンが買えるお店など前もって調べていきました。ホテルから遠かったこともあって、どうしても必要な場面に出会わなかったので行くことはなかったのですが、すごく興味はありました。便利な場所だったら絶対に行ったのになぁ~。そういうお店に近いホテルに宿泊するのも手ですね。


■思ったこと
みーたんはまだ1歳5ヶ月で、食事で気にするのは卵くらいだし、食事の量は必要ないしと、みーたん用の食事というのを考えずに行ったので、ある意味安易に旅行を予約しました。けど、旅行を予約したときからはるかに成長をしていて、いざ行ったときには、人との違いをものすごく理解していて、ママの食べているものが私も食べたい!と主張していました。
来年の夏休みは、もっとちゃんと準備してあげないといけないなぁ・・・。やっぱり食事の用意が大問題!!!でも旅行での食事って楽しみでもあったりしますよね。ぐうたら主婦にとっては、食事の準備をしなくってもいいのが、旅の喜びであったりする・・・。(だめな食アレっ子ママです。)食アレっ子が気軽にでかける時代よ、早く来い!

遊ぶ

沖縄は日差しが強いので、海で遊ぶ用にラッシュガードを用意。ネットでも購入できますがサイズがいまいちわからず、試着したかったので近所のムラサキスポーツにて購入。ここでしか探していないのでもっと素敵なものがあったかもしれませんが、長袖でフード付のパーカータイプをチョイス。フード付なら首まわりも日差しから防げるしいいかなと思って。とはいえ、以前海に連れて行ったときほとんど入らなかったので、今回もきっと入らないだろうなと思いながら行きました。

で、やっぱり海はNG。大泣きで入れませんでした。屋外プールも同様にNG。結局日焼けの心配のない屋内プールで遊びました。お水が冷たいのがだめみたいです。海以外にも、観光は室内中心にしましたし、台風が来ていて、曇り空だったりすることもあって、日焼けはあまり気にせずに過ごすことができました。曇りでも紫外線の影響はあるんですよね。念のため帽子はかぶせておきました。

ちなみにラッシュガード、子供用も結構高い!みーたんに買ったのは4000円くらいだったと思います。でも水着のような素材でできているので濡れても乾きが早いし、紫外線防止とか布地にもこだわりがあるようで(どのくらいの効果があるのかはわかりませんが)、つい買っちゃいました。以前にもブログに書きましたが、私は自分用のラッシュガードは今年も買わずじまい・・・Tシャツ着ました!何年も保留にしてます(笑)Tシャツでも着てるのと着てないのでは、かなり違いますよ♪

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館

ここの水族館は東洋一と言われているらしいですね。はじめていきましたが、すごかったです!!!沖縄に行くことがあれば是非行ってみてください。子供だけでなく、大人も十分楽しめます。

■ベビーカーの利用
エレベータもあるし、ベビーカーで不自由することはありません。ただすごい人なので(平日の午前中に行ったんですけどね・・・)、ベビーカーをのんびり押してみるというのは不可能な感じ。水槽の前はすごい人ごみなのでベビーカーを持ったまま水槽の前まで行くのは危ないのでやめたほうがいいかも。うちは、パパ(もしくはママ)がベビーカーを持って、水槽の後ろの人の少ないところで立って待っている。そしてみーたんとママ(もしくはパパ)で水槽の前でじーっと見るという感じで回りました。


■レストラン情報
今回はこちらでのお食事について書いておきたいと思います。

館内には以下の2つのレストランが用意されています。

◎イノー(バイキングレストラン)
http://www.kaiyouhaku.com/ino.html

◎オーシャンブルー(喫茶店)
http://www.kaiyouhaku.com/oceanblue.html

喫茶店のほうは見に行かなかったので、バイキングレストランについてのみの情報です。
バイキング形式ということだったので、入る前に私だけ入ってメニューを見せてもらいました。カレーライスとかスパゲティーとか、洋食のメニューが中心。みーたんの食べれるものは白米くらいしかなかったので、ここはパスしました。もう一つは喫茶店だし・・・と、仕方なく車に乗って館外に出ることに。

そういえば公園内をお散歩中に見かけたお食事どころは、焼きそばとかフランクフルトとかソフトクリームとか売っていそうな売店っぽいところがありました。よく公園とか遊園地とかで見かけるようなセルフサービスのお店。メニューは詳しく見なかったのですが、やっぱりご飯ものはなく、みーたんの食べられそうなものはありませんでした。

後で駐車場を警備しているお兄さんに聞いたところ、公園内にはほかにもお食事どころがあるらしいです。(美ら海水族館は海洋博公園という公園の中に入っている施設です。)どんなところですか?と聞いたら、喫茶店みたいなところとのこと・・・。実際には見ていないけど、どうやら歩いていける範囲には適当なお食事どころはないみたいです。

水族館の外は公園になっているので、お弁当を食べられそうなところはたくさんあります。なので、お弁当を持っていくのもいい方法かもしれません。素敵な木製のテーブルといすのセットが結構あったり。屋根がついているようなところもあったので、日差しや少々の雨の日くらいは防げるような気がしました。もちろん水族館は再入園可能です。よくある出口のところではんこうを手の甲に押して、入り口でライトをあてて見るというやつです。

せっかく素敵な施設で、ものすごい大勢のお客さんが来る施設なのに、お食事どころが少ないなと感じました。ちなみにバイキング形式のレストラン、12時前はガラガラでしたが、13時頃前を通り過ぎたら長蛇の列。雨が降りそうな天気だったこともあってか、大人気でした。けど、アレルギーなくなんでも食べれる私が見ても、魅力的なメニューは・・・という感じ。


■駐車場情報
駐車場は広い公園なので何ヶ所かありますが、水族館に近いのは北口です。他のところだとちょっと歩くようなので、水族館だけという方は是非北口に車は止めてくださいね。


■まとめ
結構見るところがあるので、水族館とか好きな方は早い時間に行ってもお昼前に帰るのはちょっと難しいかも。もちろんさらっと見て回る分には午前中のみで十分です。私は色々なショーも見れるので、ゆっくり過ごしたい感じでした。でも混雑するので、なるべく早い時間に行くことをお勧めします。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

旅行先、ホテル選び

旅行先はみーたんが生まれるまで毎年パパと行っていた沖縄!これは決定。沖縄といっても離島を含めれば結構選択肢があるものです。けれど、万が一のことを考え、気軽に病院に行けそうな本島をチョイス。


「夏休みに旅行に行く」というと、「海外?」とよく聞かれたけど、私は語学がたんのうではないので、とてもアレルギーっ子を連れていこうという気にはならず、海外は選択肢になかったです。海外デビューはまだまだ当分先になりそう・・・。というわけで海外に行くお友達のみなさん、いっぱいお話聞かせてくださいね!海外旅行に飢えてますぅ~


日程的には日曜日は避けたいなと考えていました。いざというとき、気軽に病院に行けることを考えるとそのほうがいいかなと思って。もちろん救急病院などは日曜日でも深夜でも見てもらえるとは思うのですが、観光中などでちょっと救急病院から距離が離れていたり・・・なんてこともあると思って。とはいえ、仕事の都合もあって、帰る日が日曜日となってしまいましたが。


ホテル選び。9月の沖縄は台風シーズンなので、雨でお外に出られないことを考え、ホテル内でも十分楽しめる場所を選びました。さまざまな種類のレストラン、コンビニ、大浴場、室内プール、ゲームセンターなどなど。それと病院もそこそこ近いこと。子連れでも気兼ねなく過ごせるようなホテルをチョイス。これは私だけしか関係ないけど、エステが受けられるとこも重要なポイントでした(笑)


事前にホテルに食物アレルギーがあることを連絡し、食事の相談をしました。和食のレストランなら、アレルギーに対応した食事を用意してくれるとのこと。ただしその場合、1週間前までに予約が必要。みーたんは1歳5ヶ月。そんなに量も必要ない。ということで、ママのご飯を取り分けて対応することにしました。せっかく沖縄に来ているのに、ずーっと和食レストランなんてちょっとさびしい気もしてしまって。(これは大人の都合ですけど)とはいえ、食べられるものがないことも考えて、レトルト食品も持参。各レストランで温めてもらえることも事前にチェックしておきました。


後はアレルギーには関係ないかもしれませんが、ホテルなどに事前にお願いしたこと。
禁煙室はないホテルだったので、タバコ臭くない部屋をリクエストしておきました。レンタカーは禁煙車。後は、ツインのお部屋だったのでパパとママのベットを前もってくっつけておいてもらいました。ベットを広くすることで、みーたんが寝返りで落ちないように防止するためです。寝相悪いので・・・。ベビーベットなども借りることはできるようでした。ベビーカーは予約をするのが遅くなってしまい、すでに予約で埋まってしまって貸してもらえず・・・。


わたしが事前に気にしたところといえば、こんなところでしょうか。喘息について調べていたとき、喘息っ子はダニを通さないようなシーツを持参したり、細かい掃除をお願いしたりする方もいると知りました。食アレっ子も多数の食材に症状が出たり、敏感に反応する場合は、食事ももっと気をつけるべきことがあると思います。こう書き出してみるとアレルギーっ子だからって特別変わったことはしなかったような気がするので、アレっ子ママさんにはあまり参考にならないかもしれません・・・が、今後も少しずつ旅行の報告をしていきたいと思います。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

 | HOME | 

FC2Ad

 

クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金

プロフィール

わお

Author:わお
ワーキングマザー、わおのアレルギー日記へようこそ!
愛娘みーたんとママの食物アレルギーとのお付き合いの日々を綴っております。
食物アレルギーについて、まだまだわからないことだらけ。ただいま勉強中です!どうぞ気軽にコメントくださいませ。


千葉県在住

わお:みーたんのママ、プログラマーとして働いています。典型的なB型です。

みーたん:2005年4月生まれ、保育園に通っています。

かーくん:2007年8月生まれ、2008年4月より保育園入園予定

残念なコメントは削除させていただきます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

育児=育自

ワーキングマザー

働くママ

アレルギー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。