わおのアレルギー日記

愛娘が食物アレルギーを持っています。食物アレルギーについてまったく無知なワーキングマザーわおの食物アレルギーとの毎日を綴ります。

2006-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上手におつき合いアトピー/食物アレルギー

上手におつき合いアトピー/食物アレルギー―通院・治療・ケアに即お役立ち! 上手におつき合いアトピー/食物アレルギー―通院・治療・ケアに即お役立ち!
鈴木 五男 (2005/11)
小学館
この商品の詳細を見る


お勧め度:★★★★★
初心者向け、食物アレルギーの入門書


このシリーズの本は以前から読んでいたので、親しみやすさもあって、食物アレルギーが診断されてすぐに目に付いた本です。

以下のことが書かれています。
・アレルギーの症状
・アレルギーのメカニズム
・病院に行くタイミング
・病院での治療法
・おうちでのケア
・食物日記

アレルギーのメカニズムについては、ほかの入門書ではここまで詳しく書いてあるものはみたことがありません。(というほど、色々な本を読んだわけでないのですが・・・)しかしとってもわかりやすく書いてあり、理解することができました。

またもっともよかったのは、最後に食物日記帳がついていたことです。300日ほどかけるものになっています。食物日記って、どんなことを書けばいいのか悩んでいたので、実際に家計簿みたいに項目があらかじめ設定されているこの日記帳は勉強になりました。書く欄が少なく細かく書きたい方には向かないかもしれませんが、私のようなずぼらな人間には最低限このくらいのことを書いておけばいいんだなと安心できる材料にもなりました。

食物アレルギーを中心に書かれた本です。ところどころに体験談がちょっとずつ載っていて、色々な症状や対処法があること、気長に前向きに自分のペースで取り組んでいくことなどが読み取れます。頑張ろう!という気持ちになる本です。

サイズも小さく持ち運びにも便利です。ちなみにページの1/3部分は、食物日記となっています。

■監修 鈴木五男(山王病院小児科部長)
アレルギー疾患と環境、およびスギ花粉の関わりに関する研究の第一人者。
スポンサーサイト

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

海デビュー♪

みーたん、1歳3ヶ月で海デビューです♪
パパの田舎の海に、7月の三連休のとき、出かけました。

みーたんにかわいいビキニを買って、ハンドルがついてるプーさんの浮き輪も買って・・・と、パパもママもでかける前からノリノリ!当日はみーたんのお弁当だけ作って(食物アレルギーを持っているので、海の家の食事は難しいだろうと思ってみーたんの飲食分はすべて持参。クーラーバックに保冷剤を入れていきました。メニューはおにぎり、ソーセージ、野菜を煮たものです。手づかみで食べられるものばかり用意しました。)、早めにお出かけ。午前中に海へ。やっぱり暑い時間帯だとみーたんが辛いだろうと思い、お昼には帰る予定にしていました。

タープも張って、浮き輪に空気も入れて、準備OK!では、海へ!!!
パパはみーたんと浮き輪を抱えて、ママはビデオを持って、波打ち際まで行きました。みーたんははじめての海にどんな反応を示すかなと思い、ママはドキドキしながらビデオを構えました。

がっ・・・
楽しむ姿を想像していたのですが、なんと大泣き。抱っこして足だけつけようとしても、足を持ち上げて逃げる、逃げる!ちょっとも海水に触れることなく、海デビュー終了です。その後、陸に上がり、お砂場セットで砂遊び。お弁当やお菓子を食べ、楽しむみーたん。最後は遊び疲れて、おねんねです。

みーたんの海デビューは、海なしで楽しみました。大きな海にびっくりしちゃったのかな。パパもママも海は大好き☆みーたんもきっと海が大好きになる日が来るよ♪また行こうね!

テーマ:初めての○○ - ジャンル:育児

たまひよ赤ちゃん・子どものアトピー&アレルギー大百科

たまひよ赤ちゃん・子どものアトピー&アレルギー大百科―ひよこクラブ たまひよ赤ちゃん・子どものアトピー&アレルギー大百科―ひよこクラブ
末広 豊、伊藤 節子 他 (2005/03)
ベネッセコーポレーション
この商品の詳細を見る


お勧め度:★★★☆☆
初心者向け、アレルギーの入門書


以前からひよこクラブのこのシリーズの本は読んでいたので、親しみやすさもあり、食物アレルギーが診断されたとき、まずはじめに目に付いた本でした。

大きく分けると、
・アトピー性皮膚炎
・食物アレルギー
・気管支ぜんそく
・その他のアレルギー
の4項目が書いてあります。

が、アトピー性皮膚炎が一番多く書いてあるような印象を受けました。最後にアトピーっこの体験談として34人の体験談が書いてあるためだと思います。説明については、同じくらい細かく載っています。ただしその他のアレルギーは、ほんのちょっとの記載です。


私は主に食物アレルギーについて読んだので、食物アレルギーの項目について詳細に説明します。

■食物アレルギー全体について
・症状
・しくみ
・診断
・検査
・原因
・治療
・除去食
・除去食の解除

が見開きで2ページずつ書かれています。

■その他詳細
・離乳食初期
・中期
・後期
・卵アレルギー
・牛乳アレルギー

が見開き2ページずつ書かれています。
注意することやメニューについてなどです。


・小麦アレルギー
・大豆アレルギー

が二つあわせて1ページに書かれています。
注意点、除去食品のリスト、代替食品、メニューなどについてです。



食物アレルギーのところばかり読んでいたので、他のところはわかりませんが、食物アレルギーの入門書としていい印象を受けました。はじめてでまったく知識がない私でもさらっと読むことができ、また参考にもなりました。
・読みやすくわかりやすい
・知識のない人がまず知りたいような内容が載っている
・1冊で大まかなことが理解できる

入門書としてはいいのですが、理解すると物足りない本です。さらっとはじめに読んでおけばいいかなという印象です。この本を読んで疑問に思った部分、詳しく知りたい部分を他の本などで補うといいと思います。どういうことかというと、例えばメニューとか書いてあるんですが、量は少ないし、さまざまなアレルギーを考えるととても足りません。なのでこの本で食品を除去する必要があるんだなということを理解し、それ以上は別の本などを参考にするという意味です。なので、やっぱり大枠を知るためにははじめに読んでおくとその後がスムーズに調べられると思います。
また本の内容とは関係ありませんが、私は本はもっぱら電車の中で読むことが多いので、この大きなサイズは持ち歩けず、その点ではいまいちでした。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

本の紹介:はじめに

私が読んだ本を少しずつ紹介していこうと思います。

主に食物アレルギーについて勉強しているので、1冊の中でいろいろなアレルギー症状が書いてあっても、食物アレルギーや興味のあった部分しか読んでいない場合がほとんどですので、ご注意下さい。

お勧め度を星で示しています。星は最大5つまで。
(例)★★★☆☆=星3つを示します。

基本的に私は本は図書館で借りることが多いです。気に入った本、再び読みたい本の場合、購入することにしています。ので、星5つは、「気に入った!」とか「是非買いたい!」ということを示しています。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

保育園での対応-いざというとき

卵やそばなどは、強いアレルギー反応がでる場合があるそうです。呼吸困難になって、死亡する場合もある。そう聞けば慎重にならざるをえません。保育園には食後30分以内に、強いじんましんのような症状が見られた場合にはママに連絡してもらうことになっています。昼食後になるので病院につくのは、12:30といった時間。かかりつけの病院ではお昼休み中ですが、「何時でも連絡して来て下さい」と言っていただいています。
ママの会社から保育園まではなんだかんだと1時間弱かかるので、このようないざというときは保育園の近所に住むおばあちゃんに迎えにいってもらうことになっています。食物アレルギーと診断されて以来、まだ一度もこのような場面には出会っていません。これからもないことを祈るばかりですが、いざというときの対応は病院、保育園の先生、おばあちゃんとよく話し合っておきました。

先日書いたお薬の件、保育園や幼稚園の様子を教えていただきありがとうございます。薬が必要になる日がこないのが一番ですけど、万が一そのようなことになった場合、対応できるように今から調べておこうと思います。症状をよくするには、やっぱり食生活を見直す必要がありますよね。正しい除去、回転食、新鮮な食材・・・。お料理の苦手な私には頭の痛い問題です!!!できることから少しずつチャレンジしていこうと思います。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

保育園での対応-特別編

保育園って集団生活なので、個人的になにかをやってもらうって基本的にはなしですよね。ママ自身小学生の頃とか思い出しても、そういうことって理解できます。けど、アレルギーのある子は一工夫することで、他の子と同じことができることがあるんですよね。また平日は1日の大半を保育園で過ごすので、お願いしたいこともある・・・。ん~、難しいところです!

私は先生方の負担にならないような方法を考えながら、だめ元で提案していこうと思っています。幸い先生は、「やって欲しいことなどあれば言ってください。できないこともあるけど、できる限り対応したいと思っています」と言ってくれています。感謝、感謝♪うれしいことです。


ママからお願いしてやってもらっていること
・除去食(医師の診断書に基づき)
・食後、口のまわりを洗うこと


先生が自主的にやってくれていること
・よだれや食事など、こまめに拭く
・痒がっているときには冷やす
・除去食の詳細なメニュー日記
 (保育園の栄養士さんが書いてくれています)
・保育園での食事メニューと食後の様子の日記
 連絡帳のほかに保育園の常駐のノートが1冊できました
 主に、時間外の先生との連絡のやりとりに使っているようです


みーたんは肌が弱いのか、食物アレルギーの反応なのか判断つきませんが、食事の後に口のまわりが赤くなることがあります。大人でもしょうゆがつくとかゆくなるみたいなもので、食事が肌につくと赤くなることもあるだろうなと考えていました。赤くなって、かゆい状態のまま、またご飯を食べて・・・と繰り返すと、なかなか治らないんです。
以前は食事中や食後に口のまわりを拭いてもらうだけでした。こまめにやっていただけているようでしたが、やっぱりなかなかよくならないので(口のまわりが赤くなる、かゆがる)、洗うことを提案!快く引き受けてくれました。保育園には小さな子供用の水道があるので、そこで洗っています。最近ではみーたんをそこにたっちさせると、顔を前に出して洗いやすい体勢になるそうです。
調べてみると、やっぱり拭くだけでは汚れは綺麗にならない、また拭く行為によって肌が傷つくということから、洗うというのはいいことのようです。ちなみにこれはたまたまいった(かかりつけじゃない)病院で、口のまわりが赤いみーたんを先生が見て、「洗ってみたら?」と言ってくれたことがきっかけで、はじまりました。

最後に薬の話。みーたんの保育園では薬は一切NGです。塗り薬も飲み薬もだめなんです。薬じゃないワセリンについてもNGでした。塗るという行為そのものがだめみたいです。幸い、薬に頼らないといけない状況にはないので、今はまったく困っていません。でもそういう状況になったとしたら、どうなっちゃうんだろう!?まぁ、そんな可能性のことばかり気にしてもきりがない。というわけで、今は目の前の問題をひとつずつ解決していこうと思っています。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

アレルギーってなに?

みーたんのお友達もブログに遊びに来てくださることが増えたので、今回はアレルギーってなに?ということについて超簡単に書いてみます。まったく知らない方が想像しやすいようにと思って書いていますので、かなり省略していますのでご注意ください!


アレルギーって体の免疫機能が敏感に働いちゃうことを言うようです。
例えばスギ花粉。スギ花粉(=異物)を体に入れないぞ!と免疫が敏感に働き、体に入れないように鼻水がでたり、涙が出たりするようです。
食物アレルギーも同じこと。例えば、卵。まだ腸などの消化機能が未熟な幼児は、卵をうまく分解できません。それを体が異物と判断してしまい、卵を体に入れないぞ!とやっつけちゃうんです。その結果、皮膚に出たり、気管支に出たりするようです。
というわけで、腸などの機能が未熟な幼児は食物アレルギーが多いんですって。でも成長にしたがって腸などの機能も発達してくるので、徐々に反応がでなくなってくるパターンが多いようです。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

保育園での対応-お食事編

保育園では給食(昼食)、おやつ(午前、午後、時間外)がでます。お医者さんに診断書を書いてもらい、その指示どおりに除去した食事が出てきます。またアレルギーが出やすいような食品の場合、別の食品に変えることも栄養士さんの判断でしてくれています。例えばサバの日は、白身魚に変更するなどです。みーたんはまだ小麦、卵、牛乳しか検査していないこともあって、その他の食品にもアレルギー反応がでる可能性があります。よって栄養士さんも注意深く考えてくれています。(ちなみに何十種類もの食材の検査したとしても、世の中にはいろんな食材があるので全ては検査しきれないし、血液検査では判断できないものもあるようです。)

また保育士さんは食事中、食後の様子をしっかり観察してくれています。連絡帳に「食後、口のまわりが赤くなってかゆがった」など、気になった変化があった場合には書いてくれています。まだ上手に食事を食べられないので、スプーンや食事が直接肌に触れて赤くなることもあります。そのようなときと食物アレルギーの反応のときの区別がなかなか難しいです。


保育園には本当に感謝感謝です。大体保育園に通っていなかったら、軽い症状の時点で食物アレルギーだと気づかなかったような気がします。いつもみーたんを注意深く観察してくれていることが、今回のことでより一層わかりました。
働くママだと時間が限られてしまうこともあって、食物アレルギーと丁寧にお付き合いすることは難しいです。でもそれが私にとっては、大きなストレスにならずに済んでいるかもしれません。(もちろん私とは逆に丁寧に付き合いたいママさんもいらっしゃると思います。そういう方は辛いでしょうね。)また気軽に保育園の栄養士さんや看護婦さんに相談することもできるので、ちょっとした悩みも聞いてもらえます。
でも呼吸困難など強い反応が出たような場合は、困りものです。急いで病院に連れて行きたくても、ママの会社は少し離れているからです。いざというときは、ママが保育園につくのを待っているような時間はありません。そのような場合保育園の近所に住んでいるおばあちゃんにお願いすることになっています。そのようなことが起こらないといいのですが、いざという時の対応は事前にしっかり保育園とおばあちゃんと話し合っておくことが大切だなと思っています。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

除去しているもの

血液検査の結果が似通っていても、症状が同じとは限らないんだそう。その子によって、症状が異なるようです。なので、同じ先生が診ても、その子によって除去食の度合いも変わります。もちろん先生によって、除去食の度合いはかなり違います!除去の程度、どのくらいが良いのか、ママとしては悩むところ・・・。
食事って毎日3回。おやつも含めると、4回!だからママは結構な負担です。特に私はお料理が得意じゃないので、なおさらです・・・。ママの負担はさておき、みーたんにとってもお食事は楽しいものでありたいと思っております♪


現在、みーたんが除去しているものです。

★検査結果を元に医師判断
 卵(加工品を含む全て)
 生乳
 生クリーム

★検査はしていないが念のため除去したほうがよいと医師判断
 ナッツ類
 そば

★保育園での除去(検査結果を元に医師判断)
 乳製品(チーズ、ヨーグルト、ヤクルトなど)
 ※自宅で食べていてまったく症状がでていないので、自宅ではOK。
 ただし保育園(=ママのいない集団生活)では万が一の状況をさせるため、 除去としています。

★ママの判断により避けているもの
 大豆製品(納豆、豆腐など)
 →大豆製品を食べると口の周りが赤くなるので、
  保育園、自宅ともに少量のみとしています。


と、いうわけで現在は主に卵の全てを除去している状況です。卵料理だけならまだしも、パン、ハンバーグ、クッキーやケーキ、アイスクリーム、マヨネーズ、フライなどの衣、ウインナーとかの加工品などと考えていくと、結構卵って使われているものなんですね。そう考えるとがっくりだけど、世の中にい~っぱいある食べ物の中から、卵だけ除去と考えれば、たいしたことじゃないかなって思えたりもするような・・・???
次回の検査結果でまた除去するものが増えるかもしれないけど(すでに大豆が怪しいような・・・)、ママはいつでも前向きに明るくいてあげたいなと思います。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

第一回検査結果

---------------------------------------------
2006年6月 みーたん、1歳1ヶ月

非特異的IgE 374IU/mL
卵 クラス3
卵白 クラス5
小麦 クラス3
卵黄 クラス3
オボムコイド クラス4

2006年6月現在、食事療法中。投薬はなし。
卵の完全除去(加工品を含む)
生乳、生クリームそのものの除去
---------------------------------------------

結果を聞きにいくと、まず検査結果の表をもらいました。
ぱっと見て、
クラス3とか書いてあってもなにこれ?
オボムコイドってなに?
などと、はじめてのことで戸惑うばかり。

クラスは6が最大と聞いて、卵白のクラス5っていうのはひどいのかなとわからないなりに想像しました。オボムコイドというのは、耐熱性卵蛋白というらしく、加熱しても変わらないたんぱく質のことのよう。結局は加熱した卵に対しての反応ということのようです。

検査したすべての項目が陽性とのことで、なんだかがっかりしちゃいました。食物アレルギーの反応が出た食品の除去をどの程度するか、半年ごとに検査を繰り返すことなど、今後のことについてお医者さんからお話を聞きましたが、実感がわかない感じ。そんなことより卵などは強いアレルギー反応がでると死ぬ場合もあるとか、調べてないものに関しても食物アレルギーがあるかもしれないということを聞き、不安な気持ちでいっぱいでした。

家に帰ってパパに話し、その日1日はなんだか不安でいっぱい。楽しいはずのご飯も、みーたんにドキドキしながらあげている状態・・・。一晩寝て翌朝、「不安に思うのは、なにも知識がないから!」ということに気づいて、ネットや本をいろいろと読みました。感じたことは、その子によって色々な症状がある、だから治療法もひとつじゃないということ。今はネットもあって情報は山のようにある。そんな時代だからこそ、山のようにある情報から必要な、その子にあう情報を拾い上げられるような目を持ちたい。そのためにはやっぱり知識を身に付けなければいけないんですよね。というわけで、日々勉強しようと心に決めました。

このブログをはじめたのは、いろいろな方との交流を持ちたかったからというのが、一番大きな理由です。子供を授かり、育て行く中でも、育児書のとおりになんていかない!ひとりとして同じ成長の子供はいない!きっと食物アレルギーについても同じなんじゃないかなと思い、子育て同様、同じ境遇の方と交流を持つことってとても大切なことだろうなと感じたからです。もちろん子供のあるなし、食物アレルギーあるなしに関わらず、いろいろな方とのご縁がありますように・・・(←今日は七夕なので願いごと!)

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

食物アレルギーと診断されました

■食物アレルギーかも!?とはじめて思った日のこと

2006年6月のできごとです。ママがのんびり会社でお昼ご飯を食べていると、保育園から電話。「昼食後、アレルギー反応(顔、体にじんましんがでている感じ)のような症状が出ています。至急お迎えに来てください」とのこと。お昼ご飯の主たるメニューは、パンとオムレツ。先生は卵ではないかと思っている様子。でも、パンも卵も食べたことあるんだけどな。でもでも、卵をたくさんはあんまり食べてないかも。と色々なことを考えながら、ママは急いで保育園へ。
保育園につくと、じんましんも消えていて、いつもの元気なみーたん。ひと安心。午後の診療を待って、病院へ。食物アレルギーがあるか、血液検査をすることになりました。


■はじめての検査した日のこと

・症状が出たときの様子
   食後、顔がパンダのように腫れて、体にじんましんのようなものが出たようです
・昼食のメニュー
   保育園の栄養士さんが調味料まで細かくメモを書いてくれたので役立ちました
・食物アレルギーが怪しいパンや卵を今までどのくらい食べて、どうだったか
   パンも卵も食べていました。特に異常は感じなかったです。
   ただ卵は量はあまり食べていませんでした。
などを話しました。

アレルギー症状がでた時の昼食メニューより、食パンとオムレツが怪しいということで、牛乳、卵、小麦について検査しました。「他にも気になるものはありますか?検査しますか?」と聞かれましたが、「よくわからないです・・・」と答えると「では今回はこの3つを調べましょう」ということになりました。こんなもんなのかな?と、やや疑問!

検査当時2006年6月、1歳1ヶ月のみーたん。血液をとられるなんて、はじめてです。別室に連れて行かれて、ママも超心配。みーたんのすんごい泣き声が聞こえる。15分ぐらいたって出てきたみーたんは、まるで風呂上りのよう。髪の毛が汗でびっしょり濡れていたのです。このときはとっても辛かったです。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

はじめまして

はじめまして。わおのアレルギー日記へ、ようこそ!
愛娘の食物アレルギーが判明してからの日々を綴っていきたいと思います。

■自己紹介
私・・・みーたんのママ
みーたん・・・私の愛娘

私はフルタイムで働くママです。
現在1歳2ヶ月のみーたんは、保育園に通っています。

2005年4月:第1子、みーたんが生まれる
2006年4月:保育園入園
2006年6月:食物アレルギーと診断される

みーたんの食物アレルギーが判明した時、私は食物アレルギーの知識ゼロ。それから、小児科の先生の話を聞いたり、本やネットで調べたりと・・・。でもまだまだわからないことだらけなんです。似たような境遇の方や食物アレルギーについて色々とご存知の方などなど、このブログを通じて色々な方と出会えたらいいなと思っています。ですので、どうぞお気軽にコメントを残して下さい。よろしくお願いします。


■みーたんと食物アレルギー
---------------------------------------------
第一回食物アレルギー検査結果
---------------------------------------------
2006年6月

非特異的IgE 374IU/mL
卵 クラス3
卵白 クラス5
小麦 クラス3
卵黄 クラス3
オボムコイド クラス4

2006年6月現在、食事療法中。投薬はなし。
卵の完全除去(加工品を含む)
生乳、生クリームそのものの除去
---------------------------------------------


次回、第二回食物アレルギー検査は、半年後を予定しています。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

 | HOME | 

FC2Ad

 

クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金

プロフィール

わお

Author:わお
ワーキングマザー、わおのアレルギー日記へようこそ!
愛娘みーたんとママの食物アレルギーとのお付き合いの日々を綴っております。
食物アレルギーについて、まだまだわからないことだらけ。ただいま勉強中です!どうぞ気軽にコメントくださいませ。


千葉県在住

わお:みーたんのママ、プログラマーとして働いています。典型的なB型です。

みーたん:2005年4月生まれ、保育園に通っています。

かーくん:2007年8月生まれ、2008年4月より保育園入園予定

残念なコメントは削除させていただきます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

育児=育自

ワーキングマザー

働くママ

アレルギー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。