わおのアレルギー日記

愛娘が食物アレルギーを持っています。食物アレルギーについてまったく無知なワーキングマザーわおの食物アレルギーとの毎日を綴ります。

2006-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園での対応-お食事編

保育園では給食(昼食)、おやつ(午前、午後、時間外)がでます。お医者さんに診断書を書いてもらい、その指示どおりに除去した食事が出てきます。またアレルギーが出やすいような食品の場合、別の食品に変えることも栄養士さんの判断でしてくれています。例えばサバの日は、白身魚に変更するなどです。みーたんはまだ小麦、卵、牛乳しか検査していないこともあって、その他の食品にもアレルギー反応がでる可能性があります。よって栄養士さんも注意深く考えてくれています。(ちなみに何十種類もの食材の検査したとしても、世の中にはいろんな食材があるので全ては検査しきれないし、血液検査では判断できないものもあるようです。)

また保育士さんは食事中、食後の様子をしっかり観察してくれています。連絡帳に「食後、口のまわりが赤くなってかゆがった」など、気になった変化があった場合には書いてくれています。まだ上手に食事を食べられないので、スプーンや食事が直接肌に触れて赤くなることもあります。そのようなときと食物アレルギーの反応のときの区別がなかなか難しいです。


保育園には本当に感謝感謝です。大体保育園に通っていなかったら、軽い症状の時点で食物アレルギーだと気づかなかったような気がします。いつもみーたんを注意深く観察してくれていることが、今回のことでより一層わかりました。
働くママだと時間が限られてしまうこともあって、食物アレルギーと丁寧にお付き合いすることは難しいです。でもそれが私にとっては、大きなストレスにならずに済んでいるかもしれません。(もちろん私とは逆に丁寧に付き合いたいママさんもいらっしゃると思います。そういう方は辛いでしょうね。)また気軽に保育園の栄養士さんや看護婦さんに相談することもできるので、ちょっとした悩みも聞いてもらえます。
でも呼吸困難など強い反応が出たような場合は、困りものです。急いで病院に連れて行きたくても、ママの会社は少し離れているからです。いざというときは、ママが保育園につくのを待っているような時間はありません。そのような場合保育園の近所に住んでいるおばあちゃんにお願いすることになっています。そのようなことが起こらないといいのですが、いざという時の対応は事前にしっかり保育園とおばあちゃんと話し合っておくことが大切だなと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

 | HOME | 

FC2Ad

 

クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金

プロフィール

Author:わお
ワーキングマザー、わおのアレルギー日記へようこそ!
愛娘みーたんとママの食物アレルギーとのお付き合いの日々を綴っております。
食物アレルギーについて、まだまだわからないことだらけ。ただいま勉強中です!どうぞ気軽にコメントくださいませ。


千葉県在住

わお:みーたんのママ、プログラマーとして働いています。典型的なB型です。

みーたん:2005年4月生まれ、保育園に通っています。

かーくん:2007年8月生まれ、2008年4月より保育園入園予定

残念なコメントは削除させていただきます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

育児=育自

ワーキングマザー

働くママ

アレルギー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。