わおのアレルギー日記

愛娘が食物アレルギーを持っています。食物アレルギーについてまったく無知なワーキングマザーわおの食物アレルギーとの毎日を綴ります。

2008-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みーたんのアレルギー理解

3歳になったみーたん。
最近自分のこと(アレルギーのこと)を理解しているんだなと
思う場面があったので、書きとめておこうと思います。
みーたんはおしゃべりがのんびりだったので、最近気づいたのですが、
本当はもっと以前から色々と理解していたんだろうと思います。

先日お友達のおうちに遊びに行きました。
机の上の大皿にはお菓子がいっぱい。
ぱっと見、食べたことのあるものもあれば、
卵が入って食べられなさそうなものも含まれています。
私は特になにも言いませんでした。
みんながお菓子を食べ始めたのを見て、
みーたんもお菓子を食べ始めました。
たくさん種類のあるお菓子からみーたんが選んだのは、
おうちでも食べたことのある大好きなおせんべい。
最近はお菓子の袋も自分であけられるようになっちゃったので、
食べているところは一応チェックしておかないといけません。
次に目をつけたお菓子は、卵の入っていそうなマドレーヌです。
そのお菓子を手にとり、「これ食べられる?」と聞いたんです。
びっくりしました。
はじめに食べていたおせんべいは食べたことがある
(=卵が入っていない、自分は食べられるもの)ってわかっていたんでしょうね。
で、この食べたことのないマドレーヌはどうかって聞いたんだと思います。
卵が入っていて食べられないことを告げると、
あっさりあきらめて他のものを物色。
すごく成長したなと感じました。

これは別の日の話。
いただきもののお菓子を食べてみようかと話していたときのことです。
「これ食べられるか(原材料を)見て」といいました。
後ろに原材料が書いてあるってことも知っているみたいです。
そして見たところ大丈夫だったので、食べました。
しばらくして手首がかゆいといいました。
ここは以前からかゆがっていたところで、
食べものとは関係ないと思うのですが・・・
みーたんは「卵が入っていたからかゆくなったんだ」と言いました。
いやはやびっくり!
そんなことまでしっかりと理解していたのね。

これは別の日の話。
赤ちゃんのお友達が遊びに来ました。
私も赤ちゃんのママも目を離している隙に、
置いてあった赤ちゃんの卵ボーロを一粒食べていました・・・
一粒食べたくらいではなんともならないので問題はなかったのですが、
なんでみーたんは食べてしまったの!?
たぶんですがみーたんが卵の入っていないボーロを食べたことがあって、
なおかつそのおやつが大好きだからだと思います。
お友達のおやつを勝手に食べちゃったことも問題ありますけどね。

これは保育園での話。
保育園でも牛乳を少しずつ飲むようになりました。
それまではひとりで麦茶。
みーたんはコップに注がれた白い液体を見て、かなり警戒したようです。
自分からは飲むことはなかったし、
先生に飲んでも大丈夫だよって説明してもらってから飲んだようです。


日ごろ「みーたんは卵を食べるとかゆかゆになるんだよね」ってお話してます。
アレルギーについて、それ以上は特別に話していないと思います。
テレビや絵本で卵を見ると、
「みーたんは食べるとかゆかゆになっちゃうんだよね」ってお話してくれます。
実際に食べものを前にして、はじめてみるものや、
自分が食べちゃいけないと言われるもの、
またそれに似ているものなどは、自然と警戒しているようです。
そういうのって保育園での給食での出来事が影響しているように思います。
みんなとは違うものを食べているってこと、わかっています。
最近のこういう姿を見て、親が細かく教えることなくても、
集団生活や日常のなにげない生活から
自然と学ぶものなんですね。
変に卵ボーロ似のボーロなんてあげたら、迷う原因だったのかもなと思いました。

はじめ、給食でみんなと違うメニューを食べるのはどう感じるものなのかなって不安でした。
みんなと同じものがいい!って思うのかなって。
はじめの頃は卵、小麦、牛乳と除去が複数あったので、
その頃は違いを感じ、みんなのメニューが羨ましく思う日もあったようです。
みーたんはパンや麺が大好きだったのに食べられなかったので・・・
そういう時は先生が工夫して気持ちを盛り立てて食べさせてくれていました。
意外だったのですが、通常メニューを食べているお友達が、
みーたんのメニューを羨ましく思うこともあったようです。
最近は卵だけの除去で、かなり見た目も近いですし、
みんなとの違いを理解したのか、羨ましく思うようなそぶりはないようです。
ほかにアレルギーっ子だけ特別にヤクルトの日なんてのもあるみたいです。
他の子にばれないようにそっとコップに入れてくれるみたいです。
みーたんはびっくり&うれしくって声を出しちゃうこともあるようですが、
先生と「みんなには内緒だよ」ってことで静かに、
でもニコニコしながら飲んでいるみたいです。
そんなお楽しみもいいもんだな~と思いました。
おやつでヤクルトは月に1回くらいでるのですが、
その日に欠席した子の残りもののヤクルトだろうと想像してますが。
栄養士さんも工夫してメニューを考えてくれているお陰だと思います。
保育園の先生がたには本当にお世話になっているなと感じます。

みんなと同じメニューでなくてさびしい思いをした日もあったと思いますが、
そういう中から自分のことを学び、理解していったんだと思います。
うちではこれでよかったかなと思っています。

最近のみーたんの素直にアレルギーを理解している姿に安心しました。
3歳になったこれからはどうなるでしょうか。
また色々と知恵もついてきているので、
違った悩みも出てくるかもしれませんね。

スポンサーサイト

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

保育園給食でのアレルギー対応

みーたんは保育園入園後に食物アレルギーがあることが判明しました。
さらに詳しく言えば、保育園の先生が気づいてくれたのですが。

なので、保育園選びの際、「アレルギーっ子だから」という視点では選んでいません。
ただよくある保育園見学マニュアルどおりに、入園前の見学の際には
私:「給食はアレルギー対応してくれますか?」
保育園:「はい」
というやりとりだけはしました。
最近の保育園や幼稚園はアレルギー対応してくれるところが多いと思います。
ただ問題なのは、どの程度してくれるのかという点!
これは園によってさまざまなようです。

話は戻りますが、保育園でみーたん食物アレルギーあるかも?と気づいてくれ、
実際に検査したらやはり卵(小麦、牛乳も多少)のアレルギーがあることがわかりました。
この時点で私はアレルギーについてまったく知りませんでした。
かかりつけの先生から聞いた、ひどいケースの話ばかりが頭に残り、
もうどうしたらいいのかさっぱりわからない状態でした。

検査結果を持ち、保育園に行きました。
担任の先生、園長先生、看護士さん、栄養士さんが集まってくれ、
結果をもとに、今後について話し合いました。
この時食物アレルギーのことなども教えてもらったり、
応援してもらったりして、
悪いことばかり考えていた私でしたが
前向きに考えられるようになりました。
私の心のフォローまでしてもらえて、本当に感謝です。

で、結果として給食はどうなったかというと・・・
かかりつけ医の診断書を元に保育園で除去。
食べられないお料理は、通常メニューとは違うメニューで対応。
例えば通常メニューが麺やパンを食べていても、みーたんはご飯を食べるといった感じ。
私が持ち込むものなど一切ありません。

無知なためこれが普通なのかと思っていましたが、
色々な方のブログなどを拝見すると、
1.通常メニューと見栄えが変わりないようなメニューを保育園が用意してくれる
2.保護者が通常メニューと見栄えが変わらないようなものを用意して持ち込む
このようなケースが多いようです。
特にブログでは2.のケースをよく目にします。
2.はお母さんたちの努力が必要で、
レシピを公開したりしているからブログ上で多いのかなと推測します。
1.のようなケースやうちのようなケースやもちろんそれ以外にも色々とあると思うのですが、
実際はどうなんでしょうね!?

私のようなケースがブログにはあまりなかったこと、
またこの4月から保育園入園だけど
思ったように保育園に対応してもらえなくて希望が叶わず
うちのようなケースになってしまった方もいるかなと思い、
今回記事にしてみようと思いました。
色々な考え方の方がいらっしゃると思いますが、
ひとつの考え方として読んでいただけたらうれしいです。
みーたんは給食もおやつも大好きで毎日おかわりしてきます。
保育園から帰ってくるとみんなと一緒に食べて楽しい、
そしておいしかったお食事のお話もしてくれます。

最近おしゃべりが上手になって色々なことを理解していることがわかり、
うちではこのやりかたでよかったかもと思うような出来事がありました。
長くなったので、それについてはまた後日・・・

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

わたしのしふく

みーたんは無事お誕生日を迎えました。
3歳になりました。
のんびりだったおしゃべりも、
最近は上手になってきました。
こんなこと考えてるんだ!こんなこと知ってるんだ!
なんてことがわかって、おしゃべりは楽しいです。

みーたんの誕生日は平日だったので、
お誕生日パーティーは週末にすることに。
でも誕生日当日なにもないのはさびしなと思って、
ちょっとしたデザートを用意することに。
さくさくっと作れたら素敵なところなんですが、
迷うことなく買うことに決定!

さてどこで買おうか・・・なんて思っているうちに、当日になってしまいました。
さらに、当日はちょこちょこ予定ありで、
買いにいけるかも怪しい状態になってしまいました。
最悪いちごでも買うか~と思っていましたが、
だめもとで買い物ついでにスーパーのデザート売り場をのぞいてみると・・・

「わたしのしふく」シリーズを発見しました。
http://plecia.co.jp/html/products/products.main.html

ゼリー系なら食べられることはわかっていたのですが
スーパーに売ってるゼリー系って飾りつけのないものばかり。
けれど、ここのデザートにはちょっとした飾り付けがあったんです!
こちらを買うことにしました。

卵がだめなみーたん用に2つチョイス。
みーたんに好きなほうをえらんでもらおうと思って。
(ちなみにマンゴー杏仁を選びました)
デザート1

・グレープフルーツのレアチーズ 原材料
デザート2

・マンゴー杏仁 原材料
デザート3


お味ですが、普通においしかったです。
私はマンゴー杏仁のほうが好きでした。

意外とケーキ屋さんでは卵の入っていないこういうのって
売ってないんですよね。
夏になれば多少ゼリーが売られるようになるんですけど。
ちょっとありがたいなと思いました。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

みーたん:第四回、第五回の検査結果

みーたんは4月と10月にアレルギーの血液検査をしています。
振り返ってみれば昨年10月の検査結果を載せ忘れていたので、
それもあわせてのせたいと思います。

■第四回(2007年10月)

ヤケヒョウヒダニ クラス5(↑ 前回クラス2)
牛乳 クラス2
卵白 クラス4
ピーナッツ クラス2
大豆 クラス3
小麦 クラス2
ゴマ クラス3
ソバ クラス2
卵黄 クラス3
鶏肉 クラス2
オボムコイド クラス4(↑ 前回クラス3)

■第五回(2008年04月)

ヤケヒョウヒダニ クラス4(↓ 前回クラス5)
牛乳 クラス2
卵白 クラス4
ピーナッツ クラス2
大豆 クラス3
小麦 クラス2
ゴマ クラス2 (↓ 前回クラス3)
ソバ クラス2
卵黄 クラス3
鶏肉 クラス2
オボムコイド クラス3(↓ 前回クラス4)


今回全体的に少しずつ下がっています。
クラスは変わらなくても詳細な測定値は下がっていました。
3歳を目前にして落ち着いてきたのかな!???
ダニが下がったのにはかかりつけ医も私もびっくり。
年齢的にもこれから上がってきてもおかしくないなと思っていたので。
それに、掃除が一番嫌いな家事ですから!!!
防ダニのシーツ&布団が効果あったのかな。
我が家ではかなり高額な買い物だったので、ちょっとでも下がってうれしかったです。
買ったことになんの後悔もなし。
むしろ、「よくぞ買った!!!」という感じです。
結果として何が良かったのかはわかりませんが・・・

やっぱり問題は卵ですね。卵はもう少し時間がかかりそうです。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

慣らし保育中、給食(離乳食)スタート

かーくん、入園しました。現在慣らし保育中です。
7ヶ月のかーくん、まるで泣きません。
ママとのバイバイもニコニコちゃんです。
いずれ泣く日が来るでしょうけどね・・・
そういえば、みーたんもそういう感じでした。

今週から給食もスタートです。
初日はママがチェックしに行きます。
「もっとうちでは柔らかいおかゆを食べてます」とか
そういったチェックですかね。
いつ見てもおいしそうな給食で、感謝感謝です。

かーくんは卵アレルギーがありますが、
給食では1歳まで卵は出ないので除去食の申請書の提出は必要なし。
ですが、今回は以下のことから提出することにしました。

今までは母乳しか飲んだことがなかったのですが、
保育園ではミルクを飲むことになります。
牛乳はクラス0なのでアレルギーミルクを飲む必要はないのですが、
ミルクは飲んだことがないので少し心配。
せっかくクラス0なのに・・・

かかりつけの先生にミルクが心配な話をし、
「アレルゲン性に配慮したミルク(E赤ちゃん)を飲ませようと思うのですがどうでしょうか」
と尋ねたところ、
「お母さんの考え方は間違えていないと思う。
そのミルクを飲ませたいと思うなら飲またらいいと思うよ。応援する。」
って言ってもらえました。
(ちなみに応援するっていうのは、診断書とか書いてくれるという意味です。)
けどね。保育園でそんなミルクを飲ませてもらえるか???
かなり疑問でしたが、だめもとで保育園に相談してみることに。

即答はもらえませんでした。「上のものと相談する」と言われました。
朝その話をして、夕方のお迎え時先生に呼び止められました。
かなりドキドキしましたが、なんてことない。飲ませてくれるとのこと。
さらに保育園でミルクも買ってくれるとのこと!!!
持ち込みかなと思っていたので、びっくり。
そのミルクは結構お値段が高いものですし・・・

というわけで、かーくんはみんなと違うミルクをわざわざ買ってもらって飲むことになりました。
うれしいな~と思ったのですが・・・
実はかーくん、ミルクはほとんど飲みません!!!
30cc飲めば、すーっごい飲んだねって感じです。
普通は0cc~15ccしか飲まないんです。
わざわざ買ってもらっているのに、ちょっと申し訳ないです。
毎日少しずつ練習して飲めるようになるといいなと思います。

ちなみにですが、
かかりつけ医の「お母さんの考え方は間違えていないと思う」という言葉。
「ミルクアレルギーにならないからこのミルクにしなさい」
というような類の意味での発言ではありません。
実際にそういう意味合いのミルクではないと思います。
いつも私の考え(母親の思い)を応援してくれる先生なので、
そういった意味合いです。
はじめは牛乳はクラス0だから、普通のミルクを飲んで大丈夫ですよ
なんて言われていたので、先生自身はそういった考え方なのかも。
けれど、私が話した後、このミルクを作った人をご存知のようで
よく研究されたミルクだとも言っていたけど・・・
どうなんだろうなぁ。

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

 | HOME | 

FC2Ad

 

クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金

プロフィール

わお

Author:わお
ワーキングマザー、わおのアレルギー日記へようこそ!
愛娘みーたんとママの食物アレルギーとのお付き合いの日々を綴っております。
食物アレルギーについて、まだまだわからないことだらけ。ただいま勉強中です!どうぞ気軽にコメントくださいませ。


千葉県在住

わお:みーたんのママ、プログラマーとして働いています。典型的なB型です。

みーたん:2005年4月生まれ、保育園に通っています。

かーくん:2007年8月生まれ、2008年4月より保育園入園予定

残念なコメントは削除させていただきます。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

全記事(数)表示

全タイトルを表示

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

育児=育自

ワーキングマザー

働くママ

アレルギー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。